人気ブログランキング |

++「おいしい」のお勉強++

d0079988_19544914.jpg


「おいしい」と言わないで
食べたものの味を表現するのは至難の業です。
この本には350冊の文学作品、エッセイ、新聞記事の中から驚くのですが
約3000のおいしさ表現を集めています。
野菜、果物、魚介類、肉類、お菓子、調味料、料理の種類に
水のおいしいの表現も。
たった8人で抜粋していったと言います。

たとえば、
レタスの歯ごたえを「シャクシャク」
ピーマンの焼き野菜の調理の出来上がりを「ピーマンがふにゃりと柔らかくなったら出来上がり」
トマトをがぶりとかぶった時の口の中の様子を「飾り気のない励ましの味」

食いしん坊の感性が刺激されますよ。
「おいしい」の世界は深海のごとく深くて広いのですね。
by iwma501 | 2010-05-27 20:11 | BOOK