d0079988_13465851.jpg


3月37日日曜日 新大阪駅で集合して
宇山さんと行く「鶴橋ツアー」に参加しました。

マイカーでお出迎えを受け、一路大阪鶴橋へGOGOGOGO
いきなり、甲子園球場の2倍の広さがある鶴橋商店街を巡りにはまず、鶴橋商店街振興組合事務所(普通のお家のドアを開けると階段!あがっていいの?って迷っちゃダメ)で案内マップをもらってくれます。ただし、ガイドの宇山さんに付いていくので案内マップは家に帰ってからの復習用と思いましょう。
トントントントンと穴場なお店へ連れて行ってくれて
ランチはこちら!
元祖チヂミ 壮元 ジャンウォンさん。

d0079988_13524519.jpg


ママが一品一品時間をかけてお料理してくださったご馳走が次々と登場します。
どれもおなじみの韓国料理なのですが、
これが目から鱗がハラハラ落ちるくらいの美味しさ。
いままで食べていたのはなんだったの????レベルです。
サムゲタンは鶏の味が違うから尋ねると
韓国から若鶏を仕入れているといいます。日本の鶏と違い若い鶏なので出てくるエキスも違うそう。これでワタシのお肌はますますツルツルになるのですねっと同席しているお友達そっちのけで一滴残らず美味しくいただきました。
d0079988_21342164.jpg


ほかにも・・・
d0079988_13555351.jpg

トッポギ、韓国のり巻き、チャプチェ、ナムル各種をパクパク食べ、
自慢の元祖チヂミの登場です。
d0079988_1357044.jpg

なにが元祖か!
なにが違うか!
それはですね。粉です。
小麦粉は使っていません緑豆を石臼で丁寧に引いて練ったものタネになります。
カリッと
さくっと
風味に豆の甘さをほんのりと感じます。
超!美味いよ。
お土産にも出来るのでMR.IWの為にノーマルとキムチと焼いてもらい東京まで持って帰ってきました。
さらにこの冷麺が素晴らしいスープです。
見て見てください。
d0079988_13594144.jpg

スープがかき氷状になっています。
煮干しがメインの出汁と見ましたが微妙な配合を感じます。

いやいや、参った!技あり一本!です。
お店情報は・・・生野区鶴橋2-4-13 06-6712-8639です。サムゲタンなどは要予約です。

お腹いっぱいになったらお買い物。
キムチはここがおすすめ!よと「マンボーキムチ」へ。
お洋服はここがいいよぉ!
休憩はキムチサンドで有名な「珈琲館ロックヴィラ」さんで。

とにかく、王道も押さえつつ、みんなが知らない穴場に連れて行ってくれ、どのお店の方も宇山さんスペシャルの接客をしてくださるので買物もスムーズ。
まさに鶴橋ワールドを体験させてくれるツアーでした。
韓国通が高じて毎週のように通い詰めていたらあら、すっかりガイドが出来るほどの情報量になっていたわの宇山さんです。
メンバーの希望に合わせてコースを組み立ててくださるので何度言ってもおもしろいと
評判です。

ちなみにワタシの戦利品は韓国製 たまらなくかわいいTシャツ、雑誌STORYにでも出てきそうなクールなブラウス、パンツが2本、A4サイズのファイルが入る夏用ショルダーバッグ、流行のヨモギナプキン、キムチなどでしたよ。

宇山さんと行く「鶴橋ツアー」は定員4名まで
料金は駐車場代込みで5000円(4人参加でも2人参加でも同じ)
11時集合
15時〜16時解散
基本集合はJR新大阪駅または梅田ヨドバシカメラ前
問い合わせ先は(ご本人の許可を取ってから掲載しますのでしばしお待ちください)
09012200140です。イタ電はNGです。

d0079988_14134834.jpg


ワタシのお友達に限定しますが、ワタシ経由で予約が出来ますので遠慮なくメール連絡してください。手配します。また、次回、来阪の際にツアー参加する予定なのでワタシのお友達でMARIKOと一緒に行きたいと言う場合は個人的にメールを下さいね。
by iwma501 | 2011-03-28 14:14 | LIFE

++Happy Wedding Cake++

d0079988_235103.jpg


2011年3月26日は京都にいました。
大好きなお友達の披露宴があったからです。
彼女とは7、8年のおつきあいで
ずとずっと年下なのにワタシより男前な性格、
いつもとても楽しそうな笑い声で癒してくれます。
披露宴では司会でお祝い、二次会は思いっきり楽しませていただきました。

披露宴ではハートのケーキが3段でベリーがたっぷりちりばめられていて
2次会でもケーキ入刀が行なわれました。
本のようなデザインですが
何のデザインだと思いますか?

d0079988_2381961.jpg

d0079988_2312730.jpg


チョコペンでサインをする誓約書ケーキです。
超かわいいですよね。
そしてケーキ入刀はこんな感じです。
d0079988_23145775.jpg


披露宴も
2次会も
笑いがいっぱいでとても楽しい宴でした。
お二人のお人柄そのまんま。

シアワセになってね、Cちゃん!
d0079988_23165827.jpg

by iwma501 | 2011-03-26 23:17 | LIFE

++今日もLOVE&元気注入++

d0079988_9523767.jpg


5日間の関西スティで自分を取り戻せたワタシの次なる行動は
心配な友達に供給してきた元気のお裾分けを届けることでした。

早速、山形から届いたお米を抱えて
大切な友人の職場近くまで出かけました。
現れた彼女の憔悴しきった姿に驚きながらも
会いにいくからというワタシのメールにすぐに反応した彼女を褒めたいと思いました。
ガールズ(?)トークをガンガンに飛ばしていくうちに
二人ともいつものトーンに変わっていってよかったぁ。

そしたら、おもむろに彼女が取り出したブツ!
「これ!覚えてる?」といいながらこの画像にあるフレームを見せました。
きれいなクロスステッチ。
細かいぃ手仕事がなされています。

そして、彼女の次の言葉に驚きいいいいぃぃぃ。
これ!
ワタシがニュージーランドにいるときにフラットメイトだった彼女に手作りして
お誕生日にプレゼントしたんだって。
うっそぉ
不器用なことは自他ともに認めること。
それは何かの間違いでしょっと突っ込んだら、これを作っている作業現場を見てたんだって。
だから間違いないって。
ひぃやぁぁ〜!
全然、覚えてないです。

やるやん!ワタシ!!
27、8年前のものです。驚いたぁ。

日頃、彼女に「 断・捨・離」をすすめているのですがこればっかりは捨てないで!と懇願。
冷静な彼女の声が響きました。
「こうやってね、私には捨てられないものが多いのよ」って。
おぉぉ、沈黙するワタシです。「まいりました」です。

短い時間でしたがお互いの無事を喜び合い、
まだまだ踏ん張る!負けない!と誓い合いました。
心配し合える相手がいることがLOVEであり、元気の素なのでしょう。
by iwma501 | 2011-03-24 10:24 | LIFE

d0079988_17172036.jpg


地震以降、混乱していた自分を取り戻し、
原発避難を切り上げて
連休明け、22日夜遅くに東京へ戻ってきました。

東京の部屋の中は時が止まったように5日前となにも変わっていません。
そして、郵便受けから
宅配ボックスの中から
あの人達の元気が詰まったお便りが出てきました。

そうです!
山形県戸沢村の皆さんです。

役場からはモニターツアー参加のお礼状と震災のお見舞い状、そして写真が何枚か同封されていました。
また、ちょうど震災の二日前にお世話になった農家民宿のお母さんに
お父さんの作ったお米を実家や友人に食べさせたいからと送ってほしいと注文していたそのお米が届いていました。精米したてが美味しいからと用意している最中に地震がきてしてしまい、発送出来るタイミングをずっと待っていてくださったそうです。
今朝は本当に届いたかお電話までくださいました。
お母さんの元気な声に癒されたのは言うまでもありません。
戸沢村の人たちもツアーに参加した仙台のみなさんも無事であることがわかり、ほっとしました。
戸沢村では災害にあった被災した方々の避難所を設置しているといいます。

あのときの集合写真を見てください。
幻想の森にはほら?
ワタシには幻想的な光が我々を包み込むように差し込んでいるように見えます。

改めて戸沢村のみなさん、ありがとうございました。
by iwma501 | 2011-03-23 17:30 | LIFE

d0079988_14221710.jpg


こんにちは!
実は金曜日から関西に避難してきています。
いろいろ思うところ、アドバイスもあり、夫婦会議の結果、移動してきました。
東京発の新幹線はニュースになるほど幼い子供を連れたお母さん達と外国人で満席でした。
無駄な行動だったなぁと笑えたらいいなぁと思いながら
東京を離れました。

一番、良かったことは地震の後、ずっと精神的にも沈んでいた自分をリリース出来たことでしょうか。
いろんなイベントがキャンセルになり、
仕事にもいけない。
スーパーに行くと買い占めでものがない。
余震は続く。
東京にいてもすることもない。
阪神大震災の被災者であっても結構、しんどいものがあったので決断しました。

3連休の中日の日曜日には本当に久しぶりに神戸の夜を楽しみました。
やっぱり空気が良いです。
まずはラジオ番組が終了して一年ぶりに再会するディレクターさん宅で開かれた宴会へ乱入。
懐かしい顔ぶれに話が弾みました。画像を撮り忘れたのが悔やまれます。

散々、ご馳走になり、飲みまくり、喋りまくった後は
友人のイラン人が主催しているペルシャナイトへ顔出し!
ココでも懐かしい人たちとハグし合い、とても楽しかったです。

東京の部屋でじっとしていては味わえない心地よさに身を委ねることが出来ました。

食べろ、食べろと勧められたペルシャ料理。
お腹いっぱいやけど
食いしん坊虫が発生して食べてしまいましたよ。
d0079988_1431537.jpg

d0079988_14322753.jpg


1995年1月17日!あの日から立ち直った神戸です。
きっと東北の皆さんにもまた、今夜のワタシのように笑ってハグし合う日が戻ります。
みんな言っています。
被災の経験がある我々だから出来るヘルプをするんだと!
by iwma501 | 2011-03-21 14:35 | LIFE

++スーパームーン2011++

d0079988_2294319.jpg


Twitterで満月が話題になっていたので外に出てみました。
大好きな月が
身体に染み渡るような月光を放っていました。

スーパームーンだといいます。
早速、検索してみると・・・
今夜は月が地球に大接近するスーパームーン(supermoon)の日で
月と地球の距離は、約35万6577キロメートルとなり、1992年以来の最短距離。
地球が最も遠い距離にある時と比べると、月はおよそ14%も大きく、30%も明るく見えるのだと
いいます。

なんて皮肉な時期に・・・・
今夜、日本中でいえ、世界中でこのスーパームーンを見上げている人はどんな人なのでしょう。

ワタシは
明日のシアワセを祈って見上げました。
by iwma501 | 2011-03-19 22:13 | LIFE

++試されている++

d0079988_102273.jpg


久しぶりに朝ウォーキングをしました。
憎らしいくらいに晴れています。
香しい花の香りに足を止めた途端に泣きそうになりました。
精神的に不安定になっている自分に驚きました。

阪神大震災でも生き延びたワタシ!

今回もまた生き延びたワタシ!

地球はワタシになにを学ばせようとしているのでしょう。
by iwma501 | 2011-03-16 10:26 | LIFE

++焦らないで++

d0079988_9335185.jpg


地震の後、2日目の日曜日は野菜ソムリエ小走りバイトに行きました。
さすがに大手チェーンなので野菜や果物はみごとに並びました。
お豆腐などは何度かに便が別れて到着。
肉もあっという間に売り切れるものの精肉さんが必死でカットして並べていました。
千葉なので家が浸水したり、断水しているので出勤出来ないパートさんも多い中、
みんな一致団結して作業をしていました。全員小走りです。
レジに並ぶ列は20m以上はあったと思います。
みんなが持っているのはトイレットペーパー、水、米、そしてラーメン系にお菓子。
気持ちはわかるけれど焦らないでと叫びたかった。
日頃、防災対策を何もしていなかったのか
問われる事態です。
我が家の近所のスーパーもお米、牛乳にはじまりな〜んにもありません。な〜んにもです!
ニョッキやナンが売れ残っているのがあれ?でした。

いま、我が家は玄関ポーチに防災用のリュックが2個と揺れた日に買った水が一本置いてあります。玄関にはスニーカーを並べ、雨風が防げるジャケットを置いてあります。いざと言うときに
すぐ脱出できるために。懐中電灯も玄関にあります。
なぜならば大きく揺れると全てのものが倒れて来るので置き場所を考えないと探すという時間のロスがでるからです。置いておくところも考えましょう。

リュックの中には水、お湯を入れると食べられるお粥、ビスケット、チョコレート、タオル、ティッシュ、トイレットペーパー1巻、生理用ナプキン、ビニール袋、軍手などが入っています。
振るだけで電気が起こる、ラジオやライト。風が吹いても消えないろうそくも入っています。
これまで少しずつ買い足していったグッズ達です。

でも、ココまででなくても皆さんも家の中にあるものでぜひ、この機会にMY 防災リュックを作ってほしいです。
買い物に行く必要はありません。あるものを集めて用意してくださいね。必要なかったねぇと笑える日のために。

買いあさらなくても大丈夫なはず。
冷蔵庫の中、乾物収納している棚をよく見てください。
3、4日は食べられるはず。
知恵をしぼりましょう。

停電に備えてお料理出来る時に作っておきましょう。

焦らないで

被災地の皆さんのことを思いましょう。

日本中が踏ん張り時なのです。
私も皆さんも踏ん張らないといけない!

キーワードは焦らないで
by iwma501 | 2011-03-15 09:55 | LIFE

++再び止まった時計++

d0079988_10331881.jpg


地球が私たちをこんなに苦しめるのは何故ですか。
いつかまた起こるという覚悟はあったけれど・・・・
防災訓練も積極的に参加していたけれど・・・

神戸で体験したあの恐怖がふたたび自分に襲ってくるとは思いたくなかったです。

一度目の揺れは地下鉄の車内でした。
降りるべきホームに地下鉄が滑り込み、あと5mほどでドアが開くはずだったのに
緊急ストップ!
すぐに車内放送が入ったものの大きく車体が揺れ始め、閉じ込められている恐怖もあり
車内はパニックになり始めました。
映画のワンシーンのよう。
思わず、叫んでいました。
「落ち着きましょう。地下は安全だから。地下鉄が一番安全だから落ち着きましょう」
二回は叫んだと思います。通る声を持っていてよかったです。
前にいたビジネスマン達が振り向いて「経験があるんですか?」と尋ねてきたので
「はい、阪神のときに被災しています」
これを周りの人が聞いていてくれたので余計効果があったのだと思います。
そばにいた女性が、「子供が留守番しているんだけど大丈夫かしら?」と尋ねてこらえたので
対応をアドヴァイすしたらすぐにメールでそれを伝えておられました。

外に出た時、多くの人が立ちすくんでいたので
地下で感じたよりもっと恐怖な揺れだったのでしょう。
思わず、コンビニに入り、水とあんぱんを買いました。お昼を食べ損なっている自分を思い出したからです。
ド迫力で行動していたのか、周りのサラリーマンも一斉に水に手が伸びていました。

さらに部屋に帰って立ちすくんでしまいました。
神戸のとき程ではないけれど全てがグチャグチャ!
呆然!です。
そして、あの日、午前5時46分で止まった時計が再び、止まっていました。
「怖い」という気持ちを落ち着かせるように割れたものを片付け始めたら
ものすごい揺れ!
体中の細胞がかつての恐怖を思い出した瞬間です。
ヤバい!
外に逃げないと・・・・水を抱えてマンションの外へ出ました。

なんで?
なんで?
なんで?
ワタシの頭の中はこの言葉がリフレインしています。

TVのニュースでインタビューを受けていたご婦人の言葉に大泣きしました。
「帰ったらなんもなかった」「ひとりになっちゃう」
家族が生き埋めになっているといいます。

なんで?
なんで?
なんで?

なんで私たちがこんなに辛い目にあうのでしょう。

地球さん、私たちを許してください。
by iwma501 | 2011-03-12 10:55 | LIFE

++山形県戸沢村ツアー++

d0079988_21205467.jpg


山形県戸沢村に招かれて伺った今回のツアーは商品化を目指しています。
幻想の森はかつて吉永小百合さんを起用したJR東日本のCM 山形 巨木編で注目されたといいます。
こちらがそれです。
吉永小百合さんは夏にトレッキングでアピールされていますが
今回のワタシが参加したモニターツアーは冬の魅力を楽しめる内容になります。
雪だらけの中をパワースポットといわれる樹齢1000年以上の天然杉の幻想の森を
カンジキトレッキングするという内容で売り出されるでしょう。
夏とは違う神秘な旅が味わえます。


今回のモニターツアー「森の旬とふれあいの旅」の旅程を記しておきましょうか。
集合&解散はJR新庄駅でした。

一日目
JR新庄駅集合→バスで最上川舟下り乗り場 古口へ移動→舟下り(約1時間 船上でランチ)
→リバーポート到着→カンジキトレッキングで幻想の森へ入る→最上峡 草薙温泉に入浴
→農家民宿にて夕食・宿泊

二日目
朝食→各民宿で農山村食文化体験→昼食は蕎麦→新庄駅解散

商品化された場合はおそらく第二日目はもっと自由な設定になると思います。
モニターのワタシ達が様々な提案をしたので練り直され、より魅力的な内容になるのは間違いありません。
実際、6月初旬にJR東日本から小さな旅「わらび採り放題と山菜料理」ツアーが発売されます。
一泊する場合は農家民宿でのスティでオプションというアバウトな内容で売り出されますが
もう絶対に一泊することをお勧めします。
温泉は本当に何カ所もあるのでそちらで入って夕食は農家民宿で。
山形弁に酔いしれながら就寝がお勧めです。絶対です。
なぜならば・・・・
この村の一番の魅力は戸沢村の農家の皆さんの人柄だからです。
幻想の森を支え、守ってきたDNAに触れずして戸沢村の何を語れるのかと思います。
何もないのが良いのです。何もないと思ったその瞬間にあることに気付きます!
それは・・・「日本」です。
そこに「日本」を見つけることが出来るのです。

高級旅館とは違う人肌の温かさが存在しています。
最上には温泉が点在していますので一泊は高級温泉宿で贅を楽しみ、
一泊は人情に触れる農家民宿でと変化を楽しむのもありですよね。
農家さんと知り合いになるのは今後の日本ではいろんな意味でとても大切だと思います。

さぁ、何日かにわたってリポートしてきた山形県戸沢村の旅blogでしたが、
興味のある方はJR東日本、または戸沢村 産業振興課 商工観光交流係
電話0233−72−2111までお問い合わせください。
農家民宿も紹介してくださいます。

d0079988_22165976.jpg

d0079988_21391131.jpg

d0079988_21393775.jpg

d0079988_2140318.jpg

d0079988_21412934.jpg

d0079988_21415760.jpg


人は人が一番好き!
日常との戦いの中、おつきあいに失敗したくなくてこんがらがってしまったワタシ達ですが
山形県戸沢村にはその縺れた人との関わりをゆっくりほぐしてくれる力がある
そう、それがパワースポットの役目なのかも。
地場から
人から
パワーを得て
明日への勇気が出る
それが
パワスポの役目なのではないでしょうか。
戸沢村の人たちは迷えるワタシ達の案内人のように思います。

d0079988_22131950.jpg


春、夏、秋、冬
農家さんと知り合いになる旅へGO!なんていかがでしょうか。
by iwma501 | 2011-03-10 21:46 | LIFE