++春日大社 練成会++

d0079988_11173022.jpg


平成22年1月31日日曜日。
私にとっては初詣になる奈良 春日大社に詣でました。
それも入山は年間200人と限定されている原始林の中にいらっしゃる神様にお招きをいただいてのお参りです。練成会は季節季節に開催されているのですが今回は特別中の超!特別でお願いした機会になります。主催者さんが順番に順番を踏んで実績に実績を重ねてくださった機会ですのでご案内にも(臨時)とありました。

雨の中、大先達さんの後を計38名が進みます。
先ずは水谷神社から始まり、人形の和紙に生年月日と名前を記し、身体をさすった後は長い息を3度吹きかけ願いを込めて川に流す儀式を行ないました。
長〜い息をかけながらの願いは「・・・・・」(内緒)

大宮に参っていよいよ本宮へと登ります。
そこは立ち入り禁止の区域で、山道すらない険しい斜面を登るというよりは這い上がります。
大先達の「さーんげ、さーんげー!」、 「ろっこーん、しょーじょー!」との言葉に合わせて杖を頼りに一列になり登っていきました。

さんげは「散華」。ろっこんしょうじょうは「六根清浄」。
さんげは懺悔にも通じるとのこと。五感と心を六根と言い、それらが清め改められることを願いながら登るために唱えるのだと言います。
神様に近づくにつれ、この言葉を唱えることで下界で溜まっている汚れをデトックスしていく効果があるのでしょう。

d0079988_1126145.jpg


この画像は一般の方は立ち入れない摂社本宮神社で
標高295mの御笠山浮雲峰にあります。
春日大社は奈良・平城京に遷都された710年(和銅3年)、藤原不比等が藤原氏の氏神である鹿島神(武甕槌命)を春日の御蓋山に遷して祀り、春日神と称したのに始まると言われています。
現在の本宮は後に建てられたものでつまり、ここが春日大社の始まりの地となるわけです。

この後、山の中を黙々と歩き続け、様々神様の元でお参りをさせていただきました。
鳴雷神社では参加者それぞれの祈願をしていただきました。
そして、雨も本降りになり、最後の3社はその麓でご挨拶を申し上げ、前進を断念。(私の脚ではそれ以上は無理でもあったのでいつもの「ギリギリOK」です)
その後は遠回りながらも歩きやすい道を行き、ゴールの若草山に到着。
雨に煙り、下界は靄でな〜んにも見えませんでしたが
「心眼にて見よ」とのお言葉をいただいたように思います。

d0079988_11385880.jpg


最後は神楽の奉納を済ませ、直会であたたかいお粥をいただきました。
美味しかったぁ。
右上にある土のとっくりには濁り酒が入っています。
お神酒が冷えた身体に染み渡りましたよ。

こんなにりっぱな初詣になって嬉しい限りです。
春日大社さんはシルクロードの終点と言われています。
ペルシャからインドを経て奈良。
トルコは何年も前に旅をしている私です。今年はその続きであるインドから奈良に、それも同じ1月中に訪れました。
なんと素晴らしいことでしょうか。
by iwma501 | 2010-01-31 23:44 | LIFE

++丸福珈琲店++

d0079988_1825295.jpg


丸福珈琲店さんのホットケーキにはあこがれがありました。
注文してから銅板で焼いてくれます。
いったいいつから手焼きのホットケーキが私の中で高級化したのか?
大抵はチンで出てくるようになってからのような気がします。
また冷凍のホットケーキもよく出来てますからいいんですけれどね。
こちらはなんて言っても銅板焼きですからね!ちょっと違います。

d0079988_1831534.jpg


芸術の域を感じる焼き具合。口にするとほどよいフワッがなんとも高級ですぅぅぅ。
蜂蜜か、メープルシロップかを選べるところがまたいいでしょ。

d0079988_1833526.jpg


ここの珈琲は昔タイプでかなり濃いですが、ミルクを入れると絶妙な味わいになります。
コーヒーはいつもはブラックで飲む私ですが、丸福珈琲はミルクをたっぷり入れます。
子供の頃、母が飲む珈琲に憧れてお砂糖を何個も入れ、ミルクも倍ほど入れて飲んだことを思い出します。
そう!この味は「コーヒー」ではなく「珈琲」なんですよ!
漢字の味です!

今回、私は堺筋本町の店舗に行きましたが、東京にもあるのでまた、ふらっとホットケーキ目当てに立ち寄ってみましょう。
by iwma501 | 2010-01-30 18:10 | FOOD

++明日は満月ですよ++

d0079988_2131370.jpg


空を見上げたら丸くて大きな月が輝いていました。
お城に月がよく似合うなぁ。
満月は明日ですが今日の月も真ん丸に見えましたよ。月光を浴びてパワーチャージです。
明日も晴れるかしら?

月に誘われて久しぶりに夜ウォーキングをしてみました。
一時間ぐらいしか出来なかったけれど気分転換に良かったかも。
明日も良いことありますように・・・・
by iwma501 | 2010-01-29 21:05 | LIFE

++本町製麺所++

d0079988_1920268.jpg


美味しいんちゃいますのぉレベルのおうどん屋さんを発見しました。
大阪 堺筋本町駅の近くにある本町製麺所さんです。
名前が良いでしょ!
大阪黒門市場にある山長商店さんが大阪のうどんにこだわりたいとお店を出しはったといいます。
カウンターで8席のみ。
メニューもシンプルです。
麺は朝打ちでさらに一日100色限定!

d0079988_19204829.jpg


ビギナーらしく?エビ天ぶっかけを注文してみました。
麺は讃岐うどんタイプです!
使われている粉もいいです。のどごしのツルッと感がいい感じです。
また、天ぷらのサクサク感、さっぱり感がたまりません。
まいたけの天ぷらも最高!
次回は温かいおうどんを食べてみたいです。
やっぱりきつねうどんですよね。
おつゆは7種類の削りたての鰹節と北海道天然昆布で合わせてあります。

ちなみにおしゃれなたたずまいでエビ天ぷらぶっかけは780円です。
さすが!大阪のお値段です。うどんは庶民の食べ物!この控えめなお値段設定がいいですねぇ。
あっぱれです!
by iwma501 | 2010-01-29 19:28 | FOOD

d0079988_18572750.jpg


最近、関西滞在中はなんだか堺筋本町から北浜辺りをウロウロしています。
この辺りはイタリアンレストランが目立ちます。
さらにインドレストランも!
野菜ソムリエ御用達のYAMATUJIさんもあるので私にとってはむちゃむちゃ居心地がいいです。
高層マンションもニョキニョキ建っていて居住人口もかなり多いことに驚きますがそのため、オフィス街の冷たさがなくとても過ごし易い街ですよ。
今夜はソウルメイトのYさんと新年会!(基本貧乏飲みがテーマな私たちです)
トリビで乾杯していつものようにワインは2本空けました。
いつも二人はわぁ〜っと喋って途中で一回ハグハグして大泣きして
また、わぁ〜っと喋る!これがフルコースになっています。
不思議な縁でずっとつながっている私たち。
いつも私ばっかり喋っているからどうなんだろうっと思って聞いてみたら私との飲み会は彼女の中ではトップクラスで楽しいとのこと!
良かったわぁ。
今宵の会場は彼女の職場も近いからと北浜で待ち合わせをしてイケメン3人がいるイタリアンへ行きました。
クウネル キッチンさんです。
イケメン狙いのOLさんやら近所の人やらでにぎやかでした。
感動は最後に頼んだ焼きたてアップルパイ!
注文してから生地を捏ねてチョチョッと焼いてくれます。
野菜もグリルで美味しく出してくれます。
ちょっと連ちゃんで訪れてしまうかもよぉ。
by iwma501 | 2010-01-28 23:59 | FOOD

++誓う!++

d0079988_22124462.jpg


今年は一年で50冊読破を目標にしようと決めました!
月に4冊読めば良いわけだから
やれそうでしょ!
図書館も上手に利用しなくっちゃ。

節分までに今年の目標をたてると良いとか聞きましたよ。
今日現在で12項目が並んでいます。
去年から繰り越している項目もいくつかありますが、そのひとつに何故か観覧車に乗りたいがあります。
葛西臨海公園の観覧車に憧れています。
目標リストの中で一番、叶い易いのに繰り越し。
だって、観覧車だけは1人で乗るのはかっこわるそうだから我慢しています。
by iwma501 | 2010-01-27 22:16 | BOOK

d0079988_2349469.jpg


今年になって2度目です。
2010年1月26日火曜日に上空から富士山を臨みました。
元日は左に見た富士山。
今日は右手に見ました。
きれいです!

インドで始まった2010年1月。あと数日で2月。はやぁい!
帰国してから私の周りでまだ、いろんな出来事が起こっています。
全てが災い転じて福となる!になるに違いないと妙な自信があるのは
ナマステ パワーのご利益でしょうか。
とにかく、今年は良いことが山のように起こる気がしてしょうがありません。
毎日、夢をたくさん見ます。
どれも良い夢ばかり。
ネパールではヒマラヤ山脈の麓で二日続けて同じ夢をそれもカメラワークを変えた状態で見ました。
結構、デジャブー率が高いので実現するのがいつなのかが楽しみでなりません。
2年前からのテーマ「得る捨つる」のクライマックスを迎えます。
まもなくデッカいものを捨てます!そして、その結果が大きく実るのがこれから2年間のようです。
なにしろ今月一月に2度も富士山を上から見たんですから!縁起いいでしょ!
これからも引き続き応援をよろしくお願いしますね。
by iwma501 | 2010-01-26 00:01 | LIFE

d0079988_23291799.jpg


1月11日朝 成田に無事にたどり着き、結婚25周年記念の旅は終わりました。
すべてがアドベンチャーでしたが、それは私たちの結婚生活に似ていように思います。

何年か前にあるスピリチュアルの先生に言われたことがありました。

あなた達夫婦はかつてお釈迦様が亡くなってしばらくした頃に
インドで夫婦だったとおっしゃいました。
ある理由で別れることになり、お互いとてもそれを後悔しながら死んでいったそうです。
今世はその失敗をやり直しているのだと。
海外旅行はほとんど二人揃っていくことが無い私たちが、二人揃ってインドを訪れることになったのにもなんか意味があったのだと思えてなりません。

「また、インドに行きたいですか?」
よくインドは好きになるか、嫌いになるかどちらかだと言われます。
帰りの飛行機の中でこの質問を受けたときには
「あこがれのタージマハルで写真を撮りたいという夢が叶ったからインドへ行く目的はもうない。だから将来、行くかもしれないけれど行きたいかと言われるとNOです」と答えました。
が、
が、
が、
インドは不思議な国です。
後を引くのです。
帰国してから一週間、二週間経ってくると「また、行きたい」に気持ちが変化しているのです。
次にインドが私たちを呼んでくれるのはいつなのかを楽しみにしたいと思います。
by iwma501 | 2010-01-25 23:27 | LIFE

++ガンジー++

d0079988_13223468.jpg


ネパールからインドに再び戻るのにもひと苦労。
アドベンチャーな旅は最後までアドベンチャーなのは言うまでもありません。
カトマンドゥを旅立つ飛行機がキャンセルになり、空港は大騒ぎ。
私たちはまだ一日余裕を見ての移動でしたから今日中に、いや、最悪は明日の夕方までに移動できればよいともう、腹をくくっていましたが、トランジットでオーストラリアやイギリスに帰って行く団体さんは大変そうでした。
インド人が「こんなときはガンガン文句言わないとだめなんだ」って教えてくれたのがおかしかったですよ。私たちの油断はネパールで平穏な時間を過ごした為に気が抜けていた、そして飛行機会社がインドの会社だったことです(笑
でも、見事な采配で乗客は振り分けられ、私たちも夕方にはデリーに入れました。

翌日の出発までの時間を有効に過ごそうと訪れた場所はガンジーが暗殺された場所です。
最後に部屋からその場所までガンジーが歩いたところまで画像のように足跡でたどって行くことが出来ます。
映画「ガンジー」の冒頭のシーンもここで撮影されていました。
d0079988_1329455.jpg

d0079988_13301812.jpg

そして、ここに亡くなる直前までガンジーが居たと思うと感動しました。建物はその当時のまま保存されています。
d0079988_13311860.jpg

建物の2階はすばらしいミュージアムになっています。ただ、遺品を並べるとかの発想ではなく、インスタレーションをした芸術作品が展示されています。
テーマ性があり、とてもよく出来ています。
ぜひ、訪れてほしい場所です。

d0079988_1332223.jpg


今回のインドは様々なアドベンチャー体験がありましたが、その度にいろいろな言葉が贈られてきました。
それらの言葉をいただくためにこの旅があったのだろうと思えてなりません。
最後は「My life is my message」というガンジーの言葉です。
シンプルだけれど深みがあり、ジーンとしました。

帰りの飛行機は無事に時間通りインドを飛び立ちました。
上空でMR.IWに尋ねられたのは「また、インドに来たいですか?」
その答えは改めて書きます。
by iwma501 | 2010-01-23 13:36 | LIFE

d0079988_1023261.jpg


ダルバール広場にあるクマリの館です。
この中に入ると小さな中庭があり、数人の観光客が2階のバルコニーを見上げていました。
現地ガイド二人が誰かを呼んでいました。
しばらくすると幼い子供の声が聞こえ、
お世話係らしい女性が我々に向かってなにか話したと思ったら
赤い服をきた女の子が姿を現しました。
4歳くらいでしょう。
彼女は「クマリ」と言われる生き神さまです。
赤い服を着た女の子で色が白く、顔には赤い化粧が施されています。
ネパールには何人かクマリは存在するそうですが、
カトマンドゥのクマリの館に住むロイヤル・クマリが最も有名であり、国の運命を占う予言者でもあるといいます。
4歳の女の子が占う????と思いながらもお会い出来たことにナマステでした。
現地ガイドさん付きの観光客と同席出来ると私たちのようなチャンスに恵まれるようです。
入場料もなにもいらず、入り口で絵はがきを売っていらっしゃるのでお心付けで購入するのもよいでしょう。
by iwma501 | 2010-01-22 10:06 | LIFE