d0079988_233627.jpg


とても嬉しいお誘いをいただいて六本木で行われたライブに行ってきました。
ステージを華やかに飾ったのはJAZZ SINGERの五十嵐はるみさんです。

d0079988_23375777.jpg


昨年の3月まで5年に渡り担当したFM COCOLOの番組 BAYSIDE WINDSに
気軽にゲスト出演してくださったご縁があります。
確か、小曽根真さんに次いでの最多出演で6回は来てくださったと思います。
ありがたいことに東京にいるならっとお誘いくださったんです。
嬉しいですよね。
大阪で拝見していたライブハウスでの様子とはまたちがってスケールが大きくて
とてもステキな展開でしたよ。
トークゲストはあの「湯川れい子」さんでした。
重鎮の発する一言一言には変な力が入っていなくて
それはそれは説得力があり、感動しました。
また、声が若い。
この道50年でいらっしゃるそうです。
岩崎真理子のこの道は25年ですから倍ですもの。
五十嵐さんのニューマキシシングルの1曲目に収録されている
Always Shine〜tanpopo〜の作詞が湯川れい子さんです。

また、運命の神様がワタシに何かを知らせたくて導いた夜でした。

このご縁に感謝です。
by iwma501 | 2011-01-25 23:44 | MUSIC

++小曽根真&GARY BURTON++

d0079988_12381631.jpg


201006.21月曜日 杉並公会堂は満員御礼。
拍手に迎えられてステージに登場したのは笑顔の小曽根真大先生と師匠のGARY BAURTONさんです。

ワタシが小曽根さんを大先生と呼ぶのには訳があります。
それは、3月まで担当していたFM COCOLOの番組BAYSIDE WINDSに
5年の間になんと7度もゲスト出演をしてくださり、最後の放送ではワタシごときに愛のあるメッセージを書面ではなく、録音の状態でいただいたりと身に余る光栄のいたりとはこのことなりというおつきあいをしていただいたからです。
ジャズの「ジャ」が判り始めた頃にお会いして不躾な質問にも丁寧に判り易く、そして愉快に答えてくださいました。盛り上がりすぎて初対面で「もう帰って」と言ってしまい、「おもろいなぁ」と打ち返してくださるのはまさにジャズのセッションそのものでした。
全てはワタシの宝物のような思い出ばかりです。
これらは担当してくださったディレクターのPBさんのお陰で体験できたことで感謝の気持ちでいっぱいです。

そんな小曽根真大先生には尊敬するミュージシャンが何人かいらっしゃいます。
オスカーピーターソンにはじまり、ゲーリーバートン、チックコーリアなど
インタビュー時にも幾度となくこの方達の名前は登場しました。

今回のコンサートはその尊敬する巨匠のひとり、GARY BURTONとの共演です。
この二人が2003年にリリースしたアルバム「ヴァーチュオーシ」はグラミー賞にノミネートされました。

その二人のデュオが目の前で繰り広げられるのですから杉並公会堂まで駅から行列になって観客が押し寄せるのも納得します。

一曲目の Afro Blueが始まった瞬間、涙が出てきました。
感動とかじゃなくて音符の連なりが二人に奏でられて呼吸を始めたのが伝わるというか、
巧くは表現出来ませんが、そう、ワタシの身体の細胞ひとつひとつが喜んでいる感覚です。
演奏は「次々」という表現がぴったりなほど1分1秒を惜しむように立て続けに演奏されていきました。GARY BURTONさんがものすごいミュージシャンであることは存じ上げていましたが恐るべし!GARY BURTONでした。一曲一曲終わるたびに、クールでジェントルマンでいらっしゃるのに終わった途端、どうだ!ってリアクションがかわいいの。
すばらしい演奏の数々にまさに「芸術」の域。
大先生の才能はまたまた磨きがかかっています。とどまるところ知らず。
また、お話しする機会があったらぜひ、伺ってみたいです。
「いったい毎日、どれくらい練習するの?」

いやぁ、この感動は体感しないと伝わらないと思います。小曽根真大先生は今年、かなり精力的にコンサートを開催するのでぜひ、機会をつくってお出かけいただきたいです。

杉並公会堂のサイトで公開された曲目リストを貼っておきます。

第一部
Mongo Santamaria:Afro Blue
Milt Jackson:Bag’s Groove
Chick Corea:Bud Powell
Makoto Ozone:I need you here
Makoto Ozone:Crystal Love
第二部
Domenico Scarlatti:Sonata No.20
Maurice Ravel:Prelude from“Le Tombeau de Couperin”
George Gershwin:Piano Concerto in F 3rd mov.
Astor Piazzolla:Laura’s Dream
Makoto Ozone:Kato’s Revenge
アンコール
Charles Christian:Air Mail Special
Makoto Ozone:Times like these

最後のTimes like theseの時には会場の天井一杯に木の葉っぱが繁っている画像が浮かび上がり
大きな木の下に立ち、空を見上げている感覚を味わえました。
すてきな演出でメロディとのリンクも完璧です。
小曽根真大先生らしいメッセージ「未来を感じろ」をみなさんに送っているようにも思えました。

最後に杉並公会堂が用意したプログラムに触れておきます。

d0079988_1322582.jpg


表紙をめくると見開きでこの日のコンサートのご案内の文章が書かれています。
これが実に素晴らしい内容です。
男性が書いていらっしゃるのだと思います。残念ながらお名前が記載されていませんが、始まる前に読むのと終演後に読むのとではこんなに受ける印象が違うのかと思うような書きっぷりで
実に小曽根真大先生とGARY BURTONさんの奏でる音の価値を判っている、みんなに楽しんでくださいね、良いものですからねという強い愛情が伝わってきます。
サブタイトルに〜クールに高揚するJazz〜と入れたところに喝采をお送りしたいです。
パンフレットを終演後に読むたのしさを改めて教えていただいたように思います。

この夜に誘ってくださった全ての皆さんにお礼を申し上げます。
そして、小曽根真さん、PBさん、ありがとう!
by iwma501 | 2010-06-21 23:14 | MUSIC

++映画 MJ THIS IS IT++

d0079988_20485539.jpg


いやぁ、想像以上の迫力でした。
見といた方がいいと思います。
別にマイケルファンでなくても見ていて損はないと思います。
どうせ、DVDでもリリースになるでしょうが
フルスクリーンで見とかないと彼のすごさは伝わらないように思います。
見ときましょ!
by iwma501 | 2009-11-08 20:50 | MUSIC

+++SUMMER EXPRESS 2009+++

d0079988_0344678.jpg


加山雄三さんにでも会いそうな葉山まで行ってきました。
ご招待くださったのはUNIVERSAL MUSICさんでライブには所属のアーティストが次々登場してくるSUMMER EXPRESS 2009。

d0079988_0353124.jpg


ラップあり、レゲエあり、ポップスありの大にぎわいのステージでした。
スペシャルゲストも含めて9組が次々とライブパフォーマンスを見せてくれました。
最高!!!

新潟出身で先月デビューしたばかりのHilcrhyme
ソウルシンガーソングライターのMetis
スペシャルゲスト2組 (UKシンガーソングライターのPixie Lotte&Spontania)
パワフルレゲエのMINMI
17年ぶりに大復活の DA BUBBLE GUM BROTHERS
ラブソングで注目 BENI
ヒップホップの童子—T
日本一有名なインディーズアーティストが先月メジャーデビューしたと話題のCRAZY KEN BAND

d0079988_037759.jpg


大盛り上がりでした。
ヒップホップのライブは未経験でしたが一番、ノッてしまったかも。
みんなパワフルでレベル高くて最高に楽しいライブでした。
葉山のマリーナというロケーションも最高です。陸揚げしたヨットからご覧になっている方もいましたよ。
そうそう、葉山のご近所の方も多く来られているのでライブにしては年齢層が高いのも特徴。
その皆さんのノリのいいこと!皆さん、かっこいいんですよ。
遊び心を持っている方々はすてきな輝きを放たれていますよね。
前半は持ち込みでパーティしながら音楽を楽しんでバブルガムで踊りまくり
クレージーケンバンドで盛り上がりは沸点。
スカッとナイトを過ごされたと思います。
私も同じ!
めちゃ楽しかった!!
by iwma501 | 2009-08-01 23:38 | MUSIC

+++LADY GAGA+++

d0079988_2372928.jpg


今日は夕方から渋谷へ!
むっちゃ人が多くて
電飾系が溢れていて
トラックのボディが新曲の宣伝をする倉木麻衣だらけで
同じ地球とは思えません。

で、向った先はLADY GAGAのショーケースです。
彼女の楽曲も立ち居振る舞いもファッションもものすごく好きなのでレーペルさんがご招待くださいました。
大サービスのステージで
唄も巧いし、性格も可愛い。いままで日本に入ってこなかったのが不思議です。
これからブレイクしますよぉ。
8月にサマーソニックのために来日します。

見逃せませんよ。
by iwma501 | 2009-06-08 23:42 | MUSIC

準決勝に登場したスーザンボイルです。

唄い出しでこけているのでドキドキしました。
見事にほんの数小節で立て直すところが素晴らしいです。
サビの直前にある間奏から予選の時と同じように泣けてきました。
感動させるのです。
それが世界中が彼女の唄に感じているんだと思います。
ミュージカル キャッツはNYブロードウェーでも、劇団四季でもこの唄は聞きましたがこんな感動はしなかったのに・・・・。
唄の技術だけでは伝わらない「感動」を与えることが出来るのは彼女の生き様がそこにプレンドされているからなのか。

土曜日が決勝です。
世界中が注目しているだけに優勝させるのは間違いないでしょうが
わかりませんよ。
他の出場者だって必死ですものね。

目が離せません。
あっ、でも予選と違って眉毛が半分の幅になっているのがちょっといけてません!

スーザン ボイル 準決勝の模様
by iwma501 | 2009-05-25 23:26 | MUSIC

+++揺ーYURA+++

d0079988_919979.jpg


久しぶりにオカリナ教室でした。

ウチの先生はじつはオカリナの世界では若手オカリナ奏者として有名人なんです。

ずっとそんな自覚がなくておちゃらけてレッスンを受けていて先生ごめんなさい!

その実は有名人の先生のオカリナユニット揺ーYURAがCDlonging・・・をリリースしました。
オカリナを習っていないと分からなかったこの曲はオカリナでは演奏不可能でしょと思える曲も収録されています。
先生のお人柄の感じられる選曲でとても気持ちがいいです。

実は有名人ですからコンサートも素敵な会場で行ないます。
私も大好きなホールです。絶対、心地のいいコンサートになると思います。
5月17日フェニックスホール午後3時スタート!
チケットは売るほどあるので良かったら是非に!
CDの発売記念コンサートになります。

毎日、頑張っている人に・・・・
癒されたいなと思っている人・・・・
優しい自分を取り戻したい人に・・・・行ってほしいです。

d0079988_9162686.jpg

by iwma501 | 2009-05-07 23:59 | MUSIC

+++Christmas night+++

d0079988_1225494.jpg


クリスマスの夜は大阪に新しく出来たブリーゼブリーゼの中にあるサンケイホールにいました。

以前から見てみたかった押尾コータローさんのライブです。
彼の素晴らしさを生ライブで体感できました。
押尾さんのギターはひとりで弾いてるんだよねと思う演奏であると同時に
コンポーザーとしての力も定評ですよね。
ギターでここの音からそこへ飛ぶのはすごすぎると突っ込みたくなることしばし。
さらにこの夜のゲストが素晴らしい。
ジェイクシマブクロさん。
かれのテクニックのすごさ、音のエネルギーはCDでは伝わらないことを
知れて最高のライブでした。

Merry Christmas
by iwma501 | 2008-12-26 01:27 | MUSIC

+++ゆずでMerry Christmas+++

d0079988_9565058.jpg


12月20日土曜日。
去年に続いて今年も横浜 伊勢佐木町でMerry Christmas忘年会でした。

去年もこれくらいの日だったけれど雨が降っていたのを思い出します。

今年はこの商店街にあった有名デパートが閉店してニュースになりましたよね。
お友達のお父様がとても残念がっていたそうです。
お年寄りに優しいデパートだったとか。
人が少なくて狭いのはゆっくりマイペースで買い物をしたい人たちにはよかったんですね。なにより昔から勝手知ったるなんとやら少々不自由くらいがいいのでしょう。
いまは、ゆずのでっかいパネルが商店街を行き交う人たちを見守っています。
夜遅くなるとゆずコピーのストリートミュージシャンががなっています。

忘年会は思い出話がいっぱい!
2次会はお決まりの不二家のパフェを一気食いしました。

いい大人達のいい夜でした。

024.gif024.gifMERRY CHRISTMAS024.gif024.gif
by iwma501 | 2008-12-21 10:04 | MUSIC

+++波動スピーカー+++

d0079988_9282050.jpg


我が家に不思議な物体がやってきました。

筒!

コンコンと指でノックしてみたら紙の弾く音。

横から眺めたらスピーカーであることが判明。

CDをイロイロかけてみたら

部屋の中を音がグルグル回った。

ボサノバやジャズに反応がよく、低温が深く広く聞こえる。

そのCDの録音技術までもがはっきりとわかる響きがある。

d0079988_9284017.jpg



波動スピーカーというそう。

音好きの女性に大人気だそう。

なんだかわかる気がします。

目の前にアーティストがいて自分のためだけに演奏してくれているように聞こえる。

不思議だけど

確かにハマる。

スピーカーに癒される時代です。
by iwma501 | 2008-12-08 09:32 | MUSIC