d0079988_10331259.jpg


今年も富と繁栄の神であるガネーシャに期待したいので
画像をアップしますね。

新年のあいさつも聞かれなくなり
普通の生活が戻ってきましたか?
ワタシはまだまだタイムードから抜けられなくてのんびりしすぎています。
そんな中でもお仕事の発注をいただき、
ただいま頭の中は野菜でいっぱいです。以前にも記した発想力のなさに落ち込み中です。
これを乗り越えたらまた引き出しが増えるのですから
修行、修行!愉快がっておりますが、それにしてもぅぅぅぅぅううううう産みの苦しみじゃぁ。

お願い!ガネーシャさま〜ですね。

チェンマイのお寺参りをしたときにガイドさんに教えてもらったのがこちらの仏様です。

d0079988_1041870.jpg


なんでも生まれた曜日の仏様で
ワタシは金曜日生まれなのでこの方にお参りをするのだと言います。
プラ・プッタループ/パーンラムプーンと呼ばれ、
なんと「仏法を瞑想する仏」「考える仏」なんですね。
こちらのブログに詳しく書かれているので興味がある方は飛んでみてはいかがでしょう。
他の曜日の仏様も記載されています。
お誕生日が何曜日かも調べられますよ。

何かにつけて思い悩み、考える性格は金曜日生まれだから?
by iwma501 | 2011-01-17 10:42 | THAI

d0079988_14325872.jpg


12月20日の夕方にバンコクに着いたワタシ達です。
随分前にカンボジアに行くときにトランジットの都合で一泊したのですが
街の様子は移動のバスだけでどこのホテルに宿泊したのかも記憶がありません。
つまり今回は初のタイでございます。
到着日は夕方にホテルにチェックインした後、荷解きをして夜に日本人観光客御用達のフカヒレレストランで旅の始まりをお祝い。

翌朝、ホテルのツアーデスクがオープンするのを待って市内観光に申し込みました。
ビギナーとしてはまずバンコクの街全体を知ることができ、説明付きであちこち連れて行ってくれるツアーはとても便利ですものね。

参加したのは我々日本人、スリランカ人の大家族(計7名)、インド人カップル2組、ロシア人カップル、ベトナムに暮らしている日本人お母さんともうすぐ4歳の男の子などなど
国際色豊かです。

歴史の中心といわれる王室寺院と王宮は想像以上に金ぴかでした。
まぶしぃっぃっすぅ。

d0079988_14372931.jpg

スリランカ様式のこちらにはブッダの遺骨が納められています。
スリランカ人家族はとても誇らしげに写真を撮っていましたよ。

d0079988_14413432.jpg

タイのお寺には必ず本堂の周りにこのバイ・セーマー(結界石)が建物周囲の4角と
その間計8カ所にあり、聖域を示ています。

d0079988_14473634.jpg

本堂には本尊のエメラルド仏が祀られています。
衣装は金ぴかで3種類あり、毎回国王自ら着替えを行うと言います。
この日は冬使用でマントのようなものを羽織っておられました。
ちなみに本体はエメラルド製ではなくエメラルド色の翡翠製です。

d0079988_144447.jpg

d0079988_14444430.jpg


ツアーは最後に宝石屋さんに連れて行かれますが
自由解散でお店の車で好きなところに連れて行ってくれます。
ワタシ達とスリランカ人家族ご一行さまは
車窓から眺めたチャイナタウンへフィッシュボールラーメンを求めて移動しました。
だってガイドさんが「フィッシュボールヌードルは美味しいのよ」を連呼するんですもの。
でも、スリランカご家族はお腹が空いているはずなのに先に黄金の仏様を拝んでからに
するからとワット トライミットへ行かれました。
ワタシ達?
ワタシ達は食い気が先だったのは言うまでもありません。

d0079988_1456027.jpg

d0079988_1456356.jpg

by iwma501 | 2011-01-11 14:59 | THAI

d0079988_9441131.jpg


今回、一週間に渡り滞在したチェンマイをご紹介します。
タイの北部最大の街で
バンコクから飛行機で一時間ちょっとです。
MR.IWは鉄道で行きたがったのですが
ワタクシはインドの列車体験がトラウマになっていて
不安だらけ、チェンマイに毎年訪れているお友達のひと言で
飛行機移動に変更してもらえました。
MOMOちゃんのお陰です。
「電車はやめてください。一日かかります。飛行機はたくさん飛んでるし、高くありません。絶対に電車はやめてください!」
効果ありました(笑

チェンマイは簡単にいうと京都のような街です。
寺院が100くらいある伝統技術を継承に努めているし、チェンマイ大学の近くは
おしゃれな露地があり、雑貨ショップ、お洋服、靴など
ナチュラルテイストをかっこ良く取り入れたファッショナブルさがたまりません。

d0079988_9534854.jpg

d0079988_1092015.jpg

d0079988_955149.jpg


1枚目の画像の壁に囲まれているのが旧市街。
チェンマイでもっとも格式の高い寺院 ワット ブラ シンからターペー門まで伸びる
ターペー通りは毎週日曜日になるとサンデーバザールが開催されます。
これがたのしい!
衣類、雑貨、食べ物屋台、ストリート楽団、舞踊など
ワンダーランドになります。
地元の人たちも毎週日曜日は楽しみにしていて有名なナイトバザールが閑散としてしまうくらい
街中の人たちが集まってきます。

d0079988_9555511.jpg

d0079988_1011624.jpg

d0079988_10131857.jpg


こちらはチェンマイ名物のカレーラーメンです。
かなり薄味でそれがかえって食べ易かったです。
ジュースは全てフレッシュフルーツで注文するとその場でミキサーにかけてくれます。

d0079988_1024949.jpg

d0079988_9595543.jpg



チェンマイに行かれる時は
日曜日を日程の中に組み込むとたのしさが変わってくると思いますよ。
ぶらぶら歩いてお店を冷やかして
屋台で買い食いしてと
超おすすめです。
by iwma501 | 2011-01-10 10:04 | THAI

d0079988_022726.jpg


タイ チェンマイを訪れたかったのはこの象に会いたいでした。
有名なメイサー エリファント キャンプと同じ経営のMAETAMAN CAMPに
行けるツアーに参加しました。

d0079988_04848.jpg


絵を描く象さんに会えましたよ。

d0079988_05584.jpg


鼻の筋肉を緊張させて集中力全開状態で絵を描いていきます。
ちょっと失敗したらエライ怒られてました。
からくりは象使いさんが口に手をあてていてどうもこれでコントロールをしていると見ました。
一頭だけが描くのかと思ったら・・・

d0079988_072344.jpg


画廊が開けそうでしょ。
実際、1枚2000B(5600円くらい)で売ってくれます。
左の絵が売れていました。
1000Bなら私たちも買ったかも。実はちょっと欲しかったんですよね。

象のショーを見る時はぜひ、バナナやサトウキビを買って一番前でみると面白いです。
ひとつ演目が終わるとがぁぁっと象が突進してきます。
小さい目でよくわかるなというくらい的確な場所に突進してくるの。
かわいいですよ。

象の足に乗って写真も撮らせてもらいました。
お礼のチップは鼻でお札を起用に挟んで受け取ります。

そして、竹製の筏にのって川下り、その後は象に乗ってお散歩です。

d0079988_0114066.jpg

d0079988_0121344.jpg

d0079988_0144433.jpg

d0079988_0124932.jpg

象使いさんはワタシの歌う「ぞうさん」の歌を一緒にハミングしてくれて
写真も撮ってくれました。
なにが怖いって象の身体の幅ほどしかない熊野古道を思い出すような険しい山道をずんずん歩いていくんですよ。落ちそうで。
なんだかんだで約一時間は揺られていました。
身体を象の動きに合わせると乗り心地がぐっと良くなるんですね。
それから
象に乗る前には絶対に象さんにあげるおやつのサトウキビを買ってくださいね。
むちゃくちゃ一生懸命歩いてくれるのでご褒美がいります。
途中に何カ所か売っているおばちゃんもいるのでぜひ、30B(84円)ほどです。
ちなみに私たちは大満足の象乗り散歩だったので象使いさんに100B(280円)の
チップを渡しましたよ。
d0079988_013172.jpg

象を降りたら牛車に揺られてガイドさんの待つCAMPまで戻ります。
そして、
最後にオプションでこの人達に会いにいきました。

d0079988_019281.jpg


首長族です。
テレビウルルン滞在記か、世界不思議発見で見るような人が目の前に何人もいて
織物を織ったり、買い物するとおつりを渡してくれたりするのが
不思議な気分です。
輪っかだけをもたせてもらったのですが50肩の腕には重すぎて半端じゃないです。
ガイドさんの話では首は私たちと同じ長さだけれど
子供の時からはめるのと輪っかの重さで肩が下がるために長いのだと。
そうよね、首の骨の数は同じはずだもの。
なので輪を取り生活すると始め、支えがないからぐらぐらするけれど
次第に普通の人のようになっていくそうです。
出産前後1ヶ月だけ外す以外はずっとはめたままだといいます。
肩凝るやろうねぇ。

今回参加した1日ツアーはこの後、ランと蝶のファームに立ち寄ります。
首長族なしで帰る人たちもいましたよ。
首長族のオプションも含めランチ付きでひとり1500B(4200円ほど)です。
象さんの絵より安いのが笑いますよね。
by iwma501 | 2011-01-09 23:29 | THAI

d0079988_1254272.jpg


チェンマイで出会った地元民も観光客も口を揃えてすすめてくれたので
ツアーに入って登ってきました。
標高1080mにあるWat Pra That Doi Suthepです。

あんまり有り難さがわからずに訪れたのですがガイドさんのお話を聞いているうちに
すごいところに来たぞぉを実感していきました。
この金ぴか仏塔には仏舎利が納められていてブッダの髪の毛が入っているといいます。
歯はよく聞くのですが髪の毛は初めてです。
タイ北部で最も神聖な寺といわれ、仏塔の上部はリアル ゴールドです。
この周りをハスの華、ろうそく、お線香をもちながら三回巡り、お供えをしました。

d0079988_12104049.jpg


d0079988_12112271.jpg


d0079988_1212261.jpg


こちらの僧侶にはお祓いもしていただきました。
右手に見えているほうきのようなものに水をつけ、ぱしゃぱしゃ振りかけながら
お経を上げてくださいます。
お心付けで二人で50Bをお渡ししましたが、とくに規定はないようですね。
お寺によっては左手に白い紐を結んでくださいます。ミサンガのようなものです。

お参りを済ませてテラスに出るとチェンマイ市街が一望出来て
とても清々しい気持ちになれて来てよかったぁと思わず呟いてしまいましたよ。。

d0079988_12145825.jpg


d0079988_12154437.jpg


確かにチェンマイに来たら登るべし!です。
ツアーでは山岳民族モン族の村を訪れ、まぁ、なんていうか
温泉街のお土産店ストリートのようなところでしたよ。
本格的な漢方茶を売っているお店でお買い物。
葉っぱを噛むとお砂糖のような甘みがする薬草がブレンドされていて
身体に良さげ。珍しくMR.IWがお気に入りでした。

ちなみにツアー料金は半日コースで700B(約2000円)です。

どうですか、金ぴかな画像を見ているだけで
景気のいい気分になってきませんか?
タイはとにかく金ぴかが溢れています。
by iwma501 | 2011-01-07 12:20 | THAI

++2010年大晦日の日中++

d0079988_11221763.jpg


大晦日はすこし早起きして船からバンコクを探訪することにしました。
チャオプラヤー川を上ります。
BTSという電車に乗り、サバーン・タークシン駅に直結する形で観光客用の船の
発着所があります。
9時から3時まで乗り放題で150B(400円位)です。
タクシーで移動するよりずっと安価ですし、有名なワットは川沿いに多くあるので
便利。そしてなりより風情があるでしょ。観光船だと英語でのアナウンスあります。

d0079988_11262084.jpg


この美しいお寺は三島由紀夫の小説「暁の寺」の題材になったWat Arunワット アルンです。

そして、ワタシ達が訪れたのは巨大な寝仏を祀るWat Pho ワット ポーです。
ワット アルントはちょうど川を挟んで向かい合っています。

観光のメインはこちらです。
驚くほど狭い建物に寝返りも打てない状態で横たわる黄金色の寝仏です。
長さが46m、高さが15m。

d0079988_1134545.jpg


d0079988_11344272.jpg


寝仏以外にも見所はいくつかあり、本堂には立派な金ぴか仏様がいらっしゃいました。
有り難い思いがする光りっぷりですよね。

d0079988_11365626.jpg


年末年始の用意のため仏像から白い紐が四方に伸び、これは本堂の外にまで伸びています。
延ばせるだけ延ばし、幾十にもクモの糸のようにつながっているのですが
これは儀式のときに人々が頭に白い紐を結びその先をこの仏様の紐と繋げるためです。
より近く、より深く仏様と繋がるためのようです。
有り難さを感じかたが違うのかなぁ?とちょっと体験してみたかったです。

このワット ポーはタイマッサージ総本山でもあると言うことで
ワタシ達は元の船着き場に戻り、BTSに乗り換えて日本人御用達「有馬温泉」へ向かいました。

d0079988_11425391.jpg


2時間400B(約1200円)です。
50肩の痛さを和らげるようにしっかりマッサージしてもらいました。
気持ちよかったぁ。
毎日行きたくなりますよ。
by iwma501 | 2011-01-06 11:44 | THAI

d0079988_11461461.jpg


2011年元日に
タイでもっともご利益があるとされる祠(ブーム)を訪れました。

今回の旅でバンコクに滞在したのは前後計6泊だったのですが
バンコクの中心街エラワン交差点にある祠にいつもいつも人が溢れていて
気になっていました。
調べてみるとビンドゥー教の神 ブラフマーを祀っている
ERAWAN PHUM エラワン・プーム(プラ・プーム)で
タイで最もご利益があると言われているとわかりました。

こりゃ!行くでしょ!!!!!

d0079988_11495756.jpg


ブラフマーはヴィシュヌ、シヴァとならんで有名な神様。
宇宙を創造したということで、3神そろって「三位一体」とされてます。

この金ぴか具合を見ているだけで
気持ちが晴れやかになります。
お線香の煙に目が痛くなりながら地元の人たちに交じってお顔のある4面にお参り。

すぐ側では願い事が成就した人たちによるお礼の奉納ダンスが行われています。
これ基本無料だと言いますが、お布施の形でみなさん、ダンサーにもお支払いをしていました。

d0079988_115216100.jpg

d0079988_11525219.jpg


ご利益があるからだけではなく
タイの人たちの信仰心には考えさせられるものがありました。
その気付きをさせてくれたのが今回の旅では収穫だったように思います。
なにかに「感謝」をする気持ちが染み付いている。
宗教に守られているかのように至る所にあるお寺。そして若い女の子達も
進んでお線香を上げ、ただ通り過ぎる時も手を合わせる。
それが普通なのです。
国王の健康を気遣ってビンクのシャツを着る。
国歌が流れると何をしていても全員が手を止め、直立不動となる。
全ては自分たちのためにやっているのが感動です。

すべては今のために
そして
明日のためにある・・・・

タイリポートは時間をさかのぼる形でアップしていきます。
お楽しみに!
by iwma501 | 2011-01-05 11:58 | THAI

d0079988_11234649.jpg


2010年大晦日はバンコクの街中でカウントダウンが行われました。
ショッピングセンターではステージが組まれ
川沿いの有名高級ホテルは水上ステージを組み、
各ホテルでももちろん、盛り上がりましたよ。

ワタシ達は滞在していたホテルで2011年をむかえることにしました。
それもインドナイトです。

はい、そうです。
2010年の始まりがインド・ネパールだったIWASAKI家です。
終わりもインドで迫るのが妥当であろうと考えた訳です。
何事もテーマが大事ですからね。

会場に入ると周りは99%インド人です。
肌の色が違うのはワタシ達とあと1人だけという超おもろい状況で
その時を待ちましたよ。
ちなみに白い包帯を巻いたような方は怪我をなさっている訳ではありませんので
ヨロシクです。

d0079988_11273638.jpg


2010年がのこり1時間を切った辺りから
ダンスフロアーに上がり出し、いままで貯めていたエネルギーを大爆発させるかのように
踊りだしました。インド映画のラストシーンそのものです。
ワタシ達も誘われるがままにジャンプ。
はい、前記しましたがインドのクラブダンスは跳ねます。そして手の動きはまるで
盆踊りです。でも、それが気軽な感じでたのしいの。

大宴会場で出席者数の10倍の料理を並べているけれど
スタートが9時過ぎているのでみんな食事を済ませてきているのか食べません。
食べているのはそう、肌の色の違うワタシ達くらいです。
ベジタリアンコーナーの充実がさすがです。
どれも美味しくて日本で食べたことがないものをチョイスして
美魔女計画を忘れてかなりの品数をお味見しました。

折角作ったのに食べてくれないお客様に慣れているのか
暇なシェフ達がカメラを構えると集まってくれます。

d0079988_11311793.jpg


ほんまは・・・
右端のワタシにパパダムを作ってくれたシェフの調理の様子を撮りたかっただけなのに
まぁ、いいかでパシャリ。
みんなご機嫌です。

くじ引きで2000B(5000円相当)のホテル内のインドレストランで使えるお食事券があたったし、
たのしい年越しでした。

d0079988_113358100.jpg


結局、プレゼントしていただいたお食事券は元日のディナーで使いました。
生演奏もあり、カレーもタンドリーチキンもチャイもすごく美味しいレストランで
大満足。
あらまぁ、2011年もインドで始まっちゃいましたね。

どんな一年になるのかしら?
by iwma501 | 2011-01-05 11:43 | THAI

++Come back from Thai++

d0079988_1056333.jpg


明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ、よろしくお願いします。

12月20日に日本を出発してタイへ行っていました。
スケジュールは
12/20〜23 バンコク
12/23〜30チェンマイ
12/30〜1/2バンコク

想像以上にたのしい旅行になりましたよ。
今回の旅の目的は年越しをどこか国外で過ごそうよ!でした。
特にタイに行きたいからとかではなく、
たまたまマイルで行けるところにタイが含まれていたのと
ちょうど予定を決める頃にテレビでチェンマイの絵を描く象さんを見たので
じゃぁ、タイへ行きましょうでした。
何年も前からタイに行くときには料理教室に参加したいと思っていた夢が叶うと
とても楽しみに出かけました。

チェンマイのホテルを悩んだときに毎年チェンマイを訪問しているお友達に
アドヴァイスをしてもらったのが大ヒット。
本当は5泊の予定だったのを2泊延泊。
そのお陰でゆっくり象さんにも会えたし、首長族やモン族の村を尋ねることも出来、
のんびりした時間の流れを楽しんできました。
ちなみに滞在したホテルは「アマリ リンカム」です。
こじんまり具合が私たちにぴったりしたのとチェンマイ大学の近くで
カフェやアーティスティックなショップが多い、それに夜になると屋台を含め
食事をするところがたくさんあったのが最高でした。
もちろん、料理教室にも参加しました。
バンコクで1校、チェンマイで2校それぞれに特徴があり、タイ料理はとにかく
簡単で早く出来るのがいいです。レモングラスや3種類のバジルなどハーブ野菜を
たっぷり使うのも驚きました。そしてどれも美味しいレシピでした。

また、すこしづつ旅行リポートをアップしていきますので
おつき合いくださいね。

d0079988_11184380.jpg

by iwma501 | 2011-01-04 11:08 | THAI