++社会復帰進行中++

d0079988_12444860.jpg


去年の後半からのワタシは
旅に出ている意外は
ほぼ家に引きこもっていました。

DJ生活がストップしたあのときから2年が経つ今、啓蟄の時だろうと
すこしづつ社会復帰に向けてのリハビリを開始することにしました。
つまり「働く」ってことです。

で、

ショートワークの募集サイトを覗くのが日課になっていたある日、
引っかかったお仕事があります。
一週間の短期バイト。
昔からやってみたかった試験官のバイトです。

いいやん、いいやん!やってみたいやん!

しかし、これが甘かった。
国家試験や大学入試の試験管と違い
超!ハードな内容でした。
就職活動中の学生達が受けるSPIのテストセンターのバイトで
3日間朝9時から夕方6時までがっつり研修されます。
分厚いマニュアルにそってガンガンに進んで行きます。
どんだけ覚えることがあるんだと度々気絶しそうになりながらお勉強です。
想像を絶する大特訓です。
そして、4日目からはお仕事スタート!
一週間限定の会場なのでスタッフ全員がド素人です。
初日からマニュアルに出てくるようなイレギュラーごとが連発し、
全員の顔に「必死!」の文字が見えていました。
一丸となって全速力で走り切る毎日。
大人達もやれば出来るのです!
30数名は一期一会で集まった人たちですが、
一週間だからまとまれる不思議なオーラがありました。

受検者の学生達の未来がかかっていると思うと
働く我々も命がけです。

アンケートではどこの会場よりも
スタッフが丁寧で気遣いがあるとたくさん、書いていただき、
みんなで大喜びしました。

大変だったけれど
毎日が嫌じゃなかった、
逆に楽しかったです。
ご一緒したみなさん、年齢も人生も色々だったけれど
明るくて親切で愛があって・・・・

思うのですが
雇用側の人柄が
雇用される側のキャラを決めるなぁです。
似た者同士が集まるんですね。


面接に行くと
一瞬で自分の合否がわかるのも大人です。

波長ってありますよね。

あっ、この人が好きとか
この人と友達になれるなぁ、
この人と働きたいと
思うと
必ず、合格するけれど

なんとなく空気感が違うと思ったり、
えぇっっ????なんて思ったり、
ちょっとなっと思うと
不合格になる。

そうです!
面接される側も
会社を面接しているのです。
だから面接官のみなさん、お気持ちは読まれてますよ。

違うなと思っていたのに
間違って合格してしまうとそこで働くことになり
不幸な結末がやってくる。
だから
違うなっと思ったら
失礼がないように不合格になるように帰ってきて
もう、とっとと次を探すほうが懸命ですよね。

お互い無理はいけません。

何社も不合格になると気が悪いけれど
こちらも会社を面接しているわけだから
気にせず
ガンガンにエントリーするべきです。
凹む必要はないのです。

面接試験は恋愛と同じとよく言われますが
時代が変わっても
これだけは変わっていないのです。

大人になると
年齢がじゃまになって
なかなか難しいけれど
きっと気の合う人たちがいると信じましょう。

そして、サイトで応募する場合に
面接までこぎ着けるポイントは
備考欄等に
コメントをすること!です。

サイトによって違うとは思いますが
採用側の会社に最初に届くのは
性別、年齢、そして備考欄だけだったりするので
経験有りとか、意気込みとか強みを記すのはポイント大きいですよ。

d0079988_1322557.jpg


画像の牛さん!
おしゃれですよね。

つづきでいただいたお仕事で二日間
麻布十番に張り付いていましたときに見つけた牛さんです。

なんのお仕事か気になります?
それは・・・・
ほとぼりが冷めたら書くことにしましょう。
だから
内緒!(笑
by iwma501 | 2012-03-27 13:25 | LIFE