++焦らないで++

d0079988_9335185.jpg


地震の後、2日目の日曜日は野菜ソムリエ小走りバイトに行きました。
さすがに大手チェーンなので野菜や果物はみごとに並びました。
お豆腐などは何度かに便が別れて到着。
肉もあっという間に売り切れるものの精肉さんが必死でカットして並べていました。
千葉なので家が浸水したり、断水しているので出勤出来ないパートさんも多い中、
みんな一致団結して作業をしていました。全員小走りです。
レジに並ぶ列は20m以上はあったと思います。
みんなが持っているのはトイレットペーパー、水、米、そしてラーメン系にお菓子。
気持ちはわかるけれど焦らないでと叫びたかった。
日頃、防災対策を何もしていなかったのか
問われる事態です。
我が家の近所のスーパーもお米、牛乳にはじまりな〜んにもありません。な〜んにもです!
ニョッキやナンが売れ残っているのがあれ?でした。

いま、我が家は玄関ポーチに防災用のリュックが2個と揺れた日に買った水が一本置いてあります。玄関にはスニーカーを並べ、雨風が防げるジャケットを置いてあります。いざと言うときに
すぐ脱出できるために。懐中電灯も玄関にあります。
なぜならば大きく揺れると全てのものが倒れて来るので置き場所を考えないと探すという時間のロスがでるからです。置いておくところも考えましょう。

リュックの中には水、お湯を入れると食べられるお粥、ビスケット、チョコレート、タオル、ティッシュ、トイレットペーパー1巻、生理用ナプキン、ビニール袋、軍手などが入っています。
振るだけで電気が起こる、ラジオやライト。風が吹いても消えないろうそくも入っています。
これまで少しずつ買い足していったグッズ達です。

でも、ココまででなくても皆さんも家の中にあるものでぜひ、この機会にMY 防災リュックを作ってほしいです。
買い物に行く必要はありません。あるものを集めて用意してくださいね。必要なかったねぇと笑える日のために。

買いあさらなくても大丈夫なはず。
冷蔵庫の中、乾物収納している棚をよく見てください。
3、4日は食べられるはず。
知恵をしぼりましょう。

停電に備えてお料理出来る時に作っておきましょう。

焦らないで

被災地の皆さんのことを思いましょう。

日本中が踏ん張り時なのです。
私も皆さんも踏ん張らないといけない!

キーワードは焦らないで
by iwma501 | 2011-03-15 09:55 | LIFE