++山形県パワスポ 幻想の森へ入る++

d0079988_15441960.jpg


2011年3月5、6日と一泊二日で
生まれて初めて山形県に行きました。
東北新幹線の始発に乗り、降り立ったのは終点「新庄駅」!
どこそれ?でしょ!
山形駅よりもっともっと北です。
生まれて初めて見る一面・・・地平線まで雪だらけの車窓からの雪景色に
瞬きするのを忘れてしまったくらいです。

新庄駅でお迎えのバスに乗って雪国らしい国道を45分程走り、古口村へ移動。
そこから最上川を舟下りして幻想の森と呼ばれる土湯杉群生地に入って行きました。
ちなみに最上川の舟下りと船上でいただいた郷土料理芋煮についてはDJ MARIKOの野菜ソムリエLIFEにリポートしていますのでアクセスをお願いします。

さて、
幻想の森は樹齢1000年を超える天然杉の群生地です。

いきなり沢を渡ったときはエライ所に来てしまったと腰が引けましたが
無名のパワースポットに行きたい気持ちが後押しをしてくれ、
がんばって歩きました。

途中では・・・
d0079988_15491386.jpg

テンの足跡や
d0079988_1612368.jpg

狸の足跡、
d0079988_1550332.jpg

そして、ウサギの足跡を発見しながら
ワタシの足下と言えば・・・・見てください、これ!
長靴にカンジキです。
d0079988_15505192.jpg

それも荷物を縛るビニール紐がグルグルという超ぶさいくな状態ですが、これが良いのです。
カンジキパワーに驚きながら「ヨイショ」「ヨイショ」と急勾配を登りましたよ。
d0079988_15531663.jpg

一回、大の字の状態でばったんと前に転び、
また、時折、女王様状態で周りの人に手を取ってもらいながら
サックサックと登ること約一時間!(ガイドさんは1時間半から45分かかるとおっしゃっていましたがみんな健脚で予定より早く到着)
熊野古道も春日大社のお山も死にものぐるいで登った経験からするとカンジキに感謝です。
カンジキなしでは絶対登れなかったし、降りられなかったと思います。

また、今年はニュースにもなった程の大雪で
今回の山も積雪1.7m程でその積もった雪の上を歩いていることになるようでした。
d0079988_1555302.jpg

そして、がんばって登ったゴールに待っていたのは樹齢1000年と言われる素晴らしい姿の天然杉の森でした。
d0079988_1556066.jpg

d0079988_15563011.jpg


今回の旅は山形県と戸沢村が企画したモニターツアー「森の旬とふれあいの旅」です。
戸沢村産業振興課商工観光交流係の皆さんに感謝です。

さぁ、
山形県ってどこ?
戸沢村ってどこ?で始まった旅はまさに思えば遠くに来たもんだです。
山形戸沢村の旅話はまだまだ・・・つづく・・・・
by iwma501 | 2011-03-07 15:59 | LIFE