++魔除猫++

d0079988_941822.jpg


招き猫ではなく
「魔除猫」です。
芸術を感じるのはこの「魔除猫」をデザインしたのが
巨匠 横尾忠則さんだからだと思われます。
芸術マジックを感じますよね。
100均や門前の土産物とは一線を画した迫力が感じられます。

昨日、天気もいいし、美魔女計画でロングウォーキングを目的に
東京都現代美術館に足を運びました。

現在、トランスフォーメーション展を開催中です。
が、
ワタシはチンプンカンプンで
あまり楽しめませんでした。(ごめんなさい)

トランスフォーメーションと言えば“物体や構造が変質すること”
もっとアニメチックな意味だと“変身”なのでしょう?
そこには創造性や迫力のようなものを期待してしまうのですが
興味を持てた作品はほんの1、2点で
発想力の乏しいワタシには難しすぎました。
映像の多用しすぎもどうなのかな?
見学者は20代の男女が多く、芸術系のお勉強をしている風。
でも、みなさん、美術館に合わない足早。
推察ですがワタシと同じような感想を持った人が多いのかしら。

東京都現代美術館はいつも常設展が好きで
今回も◎。

「発想」
自分に一番足りない

強く感じています。

「発想」

形にする力は
どうやったら
鍛えられるのだろう。
by iwma501 | 2010-12-04 22:00 | LIFE