++インドは列車に乗るのもアドヴェンチャー++

d0079988_19493121.jpg


インド3日目。列車に乗ってタージマハルを目指しました。
ニューデリー駅で4時間近く遅れてやってきた列車に乗り込んだら
昼間の移動なのになぜか寝台車でした。
?????でしょ。
長距離列車でニューデリーまでもう既に1日近く走ってきていて南インドの方までさらに1日以上走り続ける列車だったんです。
それにしても列車が4時間も6時間も遅れるって信じられへん!どういうことよ!!ですが、
もっとアドベンチャーだった話を聞いてください。

朝の早くからウソツキインド人と戦いながら待合室で列車を待つ、待つ、そして、待つこと、4時間待ってやっと列車が到着するみたいだからって掲示板に出ている番号のプラットホームに行ってみました。でも、全然来ない!
やっと入ってきた列車に飛び乗ったらなんか変です。乗客ゼロ。全く違う列車やって言われて?????です。
ホームの電光掲示板に列車の番号が出たのを確認したのになんで?
そのうち、むっちゃ強引なウソツキ旅行社の男性に捕まって大変!
なんとか振り切って(例の本屋のおじさんのお陰)待っていたけど
プラットホームの番号が変更に!なったという。
??????
もう出発の時間やのに目の前に止まっている列車番号は私達の乗る列車番号と違うやん。
?????
そのうち、車両がいっぱい連結された長い長い列車が動き出した!
ゴットンゴットン動き出した!
そしたら、そしたら、MR.IWが突然、振り返って「MARIKO! この列車だ」と言うんです!
当然、私は叫びました。「なんでぇ???」
MR.IWが車体にかかれた黄色い文字を指差した途端、MARIKOは呆然!です。
そこには黄色字で私が乗る汽車の名前が書いてあるのです。
ゴットンゴットン超長い列車の後半に乗らないといけない列車がくっ付いている!!!!!
?????
どういこっちゃ!
MARIKOの驚きの表情にそばにいたインド人のご夫人が心配そうに目線を向けてくれたので思わず、無言で列車を指差して落胆の表情をしてしまいました。

が、これが良かった!
とにかく、どうしたものかと夫婦で冷静になろうとしていたら
そのご夫人がわざわざ人をかき分けて近づいてくれて
言葉はなく同じホームのはるか向こうを指差すのです。
??????
きゃぁ〜!乗りたい列車がなんでか知らんけど止まっている〜!
走ったよぉぉ。
全速力で!
ホームに溢れている山盛りのインド人をかき分けかき分け!走りました。
なんでかしらんけど止まっている!
走れぇ〜
そしたら奇跡的に乗れたの!
ホンマになんでか判らないけれど乗れたの!
あのご夫人に感謝です。
インドで関西人のオーバーリアクションが助けになるとは思いもしませんでした。

画像はほっとして記念写真!を撮ったところ、そして車内販売でお食事〜です。ほっとしたらお腹が空くもんですね。

d0079988_20163252.jpg


目指すは今回の旅の第一目的を果たすため アグラにある世界遺産 タージマハールです。

申し上げておきますが、アドヴェンチャー旅行はまだまだ始まったばかりですのよ!
by iwma501 | 2010-01-13 20:19 | LIFE