+++熊野古道 川舟下り+++

d0079988_17461584.jpg


今回の熊野古道ツアーでもっとも楽しみにしていたのが
熊野川舟下り
舟で熊野川を1時間30分かけて熊野速玉大社まで下っていきます。
平安時代は熊野本宮大社から貴族は川を下って熊野速玉大社まで移動する川の熊野古道詣でをしていたと言います。

この救命胴衣に笠がなんとも観光チックでいいでしょ!
語り部さんも乗ってくれるので所々、停泊しながら説明をしてくだいます。
それにしても橋桁とかつくらずに自然に私たちが遊ばせていただいているというこのスタイルが世界遺産に指定されたポイントでもあるんでしょうね。
ちょっと不便なくらいがいい!じゃないかとつくづく学びました。

熊野川はとても水量が多く、ゆったりと流れるかと思うと川面がキラキラ小魚が遊んでいるような波が立っていたり、見上げる山々も大きくて形状に品があります。

d0079988_17514921.jpg

途中で昼島という柱状岩の島に上陸。
どんくさい女王MARIKOは船頭さんに手を引いてもらいながらえっこらしょと上陸です。

ゴールはもう海が見えている熊野速玉大社です。
熊野速玉大神(いざなぎのみこと)・熊野夫須美大神(いざなみのみこと)が主神です。

d0079988_17552824.jpg


さっくりお参りしたらジャンボタクシーで那智の滝へ。
私はこちらも初体験!

さすが!威風堂々とした姿で大量の水が滝壺めがけて落ちています。

d0079988_17564998.jpg


いままでいろんな滝をみましたが、那智の滝が世界一かっこいいと思いました。
凛としてるっていうか・・・・うん!かっこいいんです。

d0079988_17583142.jpg


滝の水をいただいて延命祈願をいたしましたわよ。
長生きしないとね!

この後、歩いて熊野那智大社へお参りしたのですが、階段をかなり上がるのにふうふう言っていたのと暑くて画像を採るのをすっかり忘れていました。

去年の熊野本宮大社に合わせて今回の熊野速玉大社そして熊野那智大社のお参りができたのはとても意味のあることです。
パワースポット的にも感じるものがあるところでしたので非常に力をいただけて
いろいろ人生的に次のステップに進むタイミングのような時を感じるというか、
勇気が湧いてきました。
それにほかの神社仏閣ではそんなことはないのですが去年といい、今年といい、熊野古道で手を合わせているとものすごく涙が出てきました。
ひょっとしたら前世のどこかの段階でこちらにお参りをしたことがあるのかもしれません。
悲しい涙ではなくとても穏やかな涙なんです。
体験した人でないとこの感覚はわかっていただけないと思いますが、きっとなにかあるのだと思います。

となると!
次は「インド」ですね。

いや、その前に9月に西国の札所巡りツアーに行くのです。
ちょっと最近のMARIKOさんって線香臭いなんて言わないでね。
なにかここに意味があるのかもしれないのですから!
何事も体験です。
by iwma501 | 2009-07-22 18:06 | LIFE